UnityのCenterとかLocalとか

Unityを触ってて、いつも目に入ってるはずなのに全く使わない機能があります。それが左上にあるアレです。

これってどういう機能なんでしょうか?全くわかりません。ということで調べて見ると、どうやら使えるとそれなりに便利そうな機能でした。

Center/Pivot

二つ並んだボタンの左側にある、CenterをクリックするとPivotという表示になります。もう一度クリックするとCenterに戻ります。

それぞれどんな機能なんでしょうか?文章で説明するよりも、次の動画を見てもらえれば一眼で理解されると思います。

Centerの場合

Pivotの場合

なお、大きい箱は小さい箱の親オブジェクトです。

Centerの時は親オブジェクトと子オブジェクトの中心(正確にはレンダリング領域の中心と説明されています)を軸に回転してます。

対してPivotでは選択したオブジェクトを中心に回転しています。

ちなみにZキーがモード切り替えのショートカットになってます。

Local/Global

同様に右側のボタンをクリックするとLocalとGlobalが切り替わります。

こちらも次の画像を見ていただくとわかる通り、Localだとオブジェクトの持つ座標系、Globalだとワールド空間の座標系で操作することが来ます。

こちらはXキーがショートカットになっており、切り替えられます。


参考

ゲームオブジェクトを選択するには、シーンビュー でそれをクリックするか、ヒエラルキーウインドウ でその名前をクリックします。複数のゲームオブジェクトを選択/選択解除するには、Shift キーを押しながらクリックするか、または、マウスでドラッグして複数のゲームオブジェクトを四角形で囲んで選択します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする